top of page
AdobeStock_216688256.jpeg

薄毛(AGA治療)

メソセラピー

ミノキシジル、VEGF(血管内皮細胞増殖因子)、KGF(ケラチン細胞増殖因子)、ビタミ
ン、ヒアルロン酸など、薄毛・抜け毛治療に有効な成分を頭皮に直接注入して発毛効果を期待する治療法です。

最新のダーマペン4を使用し、頭皮に微細な傷をつけて再生を促し、同時に有効成分を効果的に浸透させます。

内服薬や外用薬と併用することで効果実感までの期間を短縮することが期待できます。

24978387_s.jpg

内服薬

ミノキシジル

ミノキシジルの血管拡張作用により頭皮の毛細血管を広げ、血液の流れをスムーズにするだけでなく、髪の毛の成長を促す毛乳頭細胞に働きかけ、ヘアサイクル(毛周期)を正常化させる働きを持っています。

さらに、IGF-1(インスリン様成長因子1)やVEGF(血管内皮細胞増殖因子)を産生させたり、毛乳頭細胞そのものを増殖させる働きもあるため強い発毛効果が期待できます。

投薬

フィナステリド

AGAの原因は、ジヒドロテストステロン(DHT)と呼ばれる、男性ホルモンが関係しています。このDHTは、テストステロンと5αリダクターゼⅡ型が結合することによって生成される成分です。

髪の毛は、通常2~6年を周期に発毛・脱毛を繰り返していますが、DHTはそのヘアサイクルを極端に短縮してしまいます。髪の毛が成長する前に抜けてしまうため、薄毛・抜け毛の原因になります。フィナステリドは、5αリダクターゼⅡ型を阻害することでDHTの生成を防ぎ、ヘアサイクルを正常に戻すことで、抜け毛・薄毛を改善します。

分類薬

注意点・副作用

・各種薬剤は治療中のご病気などによっては使用できない場合があります。
・ミノキシジルの使用により初期脱毛がみられます。(使用開始~3か月程度)
・ミノキシジルの副作用として、血圧低下、立ち眩み、体毛が濃くなる場合があります。
・フィナステリドの副作用として性欲減退などがあります。
・その他アレルギー反応などが生じる場合があります。

外用薬

デュアルゲン(男性用発毛剤)

主成分のミノキシジルは、毛根部分の血管拡張を促す有効成分で、頭皮の毛細血管の血流を良くして髪に十分な栄養を送ることで育毛を促進します。

さらにDHT(脱毛作用をもつ男性ホルモンの一種)のブロッカーとして知られるアゼライン酸を5%配合し、より効果的に発毛を促進します。

リポゲイン(女性用発毛剤)

一般的な女性用育毛剤に含まれるミノキシジルは1%ですが、リポゲインは発毛成分のミノキシジルを女性用としては高濃度の3%配合しており、ビタミンやアデノシンなどの有効成分も含んでいる発毛剤です。

bottom of page